So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥取連続不審死事件 県警が捜査本部を解散(産経新聞)

 鳥取県の連続不審死事件を捜査していた同県警は10日、捜査本部を解散した。男性2人に対する強盗殺人罪で起訴された鳥取市の元スナック従業員、上田美由紀被告(36)の周辺ではほかに4人の男性が死亡していたが、捜査関係者によると、平成16〜20年に変死した3人は自殺や事故と断定。昨年10月に死亡した男性も死因が特定できず、立件を見送った。

 起訴状などによると、上田被告は昨年4月、借金返済を免れようと同県若桜町のトラック運転手、矢部和美さん=当時(47)=を同県北栄町の海岸で殺害、10月には家電製品の代金支払いを免れるために鳥取市の電器店経営、円山秀樹さん=同(57)=を市内の川で殺害したとされる。

 一連の事件で立件されたのは強盗殺人2件のほか、詐欺10件(被害総額は現金約1270万円、軽自動車など約1115万円相当)と窃盗1件(被害額は現金約35万円、商品券など2万6千円相当)。うち詐欺8件と窃盗は同居の男(46)との共犯とされる。

【関連記事】
鳥取連続不審死事件 上田容疑者を追起訴
鳥取連続不審死 2人目の強盗殺人で追起訴
強殺容疑で上田被告を再逮捕 鳥取連続不審死
鳥取連続不審死 2人目強殺容疑、午後に再逮捕
鳥取連続不審死 強盗殺人罪で上田容疑者を起訴 鳥取地検

抗がん剤「アービタックス」で因果関係否定できない死亡が2例(医療介護CBニュース)
雑記帳 チャグチャグ馬コ、村の観光も背負う 岩手・滝沢(毎日新聞)
参院選、先送りも 「政治とカネ」終盤国会にズシリ…(産経新聞)
<子育て>専門店開店 母家出・引きこもり経験の男性(毎日新聞)
<男性遺体>死因は脳の損傷 事故の可能性も…愛知・半田(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。