So-net無料ブログ作成
検索選択

<雇用戦略対話>失業者個々に担当 首相、安全網強化を強調(毎日新聞)

 政府、労働界、経済界が雇用対策を協議する「雇用戦略対話」が26日、首相官邸で開かれ、鳩山由紀夫首相は▽失業者らへの安全網強化▽最低賃金の引き上げ▽職業訓練を社会全体で担う仕組み作り−−に取り組むよう関係閣僚に指示した。安全網整備で首相は「一人一人に丁寧な支援体制を作ることが大事だ」と述べ、長期失業者や非正規労働者に1人ずつ担当者「パーソナルサポーター」を決めて支援する態勢の必要性を強調した。

 安全網強化は、各省に分かれているサービスから必要なものを適切に受けられる仕組みとする。住宅がない人への住宅手当などの支援も検討する。

 最低賃金について首相は「(引き上げは)消費拡大の観点からも非常に重要な課題だ」と指摘し、中長期的に引き上げていく必要性があるとの認識を示した。

 最低賃金は現在、791〜629円で、全国平均は713円。民主党はマニフェストで800円を想定した「全国最低賃金」を設定し、景気状況に配慮しながら全国平均を1000円に引き上げるとしている。ただ、賃金引き上げは中小・零細企業に与える影響が大きい。首相は「中小企業への支援も考えながら積極的に取り組みたい」と述べ、20年までの数値目標を設定するよう関係閣僚に指示した。

 また、会合後の記者会見で、菅直人副総理兼財務相は、「年越し派遣村」の村長で先月まで内閣府参与を務めていた湯浅誠氏に対し、内閣府参与就任を打診していることを明らかにした。【鈴木直】

【関連ニュース
雇用:各党が政権公約に
失職:非正規7192人 6月までに 厚労省調査
自殺:最も多い日は3月1日 内閣府と厚労省分析
内閣府参与:湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として
女性労働白書:非正規雇用者、初の減少

<たちあがれ日本>基本政策に消費増税盛る(毎日新聞)
鳩山首相に「不起訴相当」議決(スポーツ報知)
国病機構の病院事業「規模縮減」―事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
<酒気帯び運転>病院職員の懲戒免を停職3月に変更 三重県(毎日新聞)
「日本で裁判を…」殺害ブラジル人の遺族孤独死(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。